中国進出企業様へ

中国進出企業の中国子会社、中国支店の不正、横領などを防止するための監査業務を請け負います。

中国進出子会社、中国支店に横領、汚職などの不正の不安はありませんか

今日では、大企業だけでなく、多くの中小企業が中国への進出を果たしております。しかし、中小企業にとっては、生産部門だけでなく、総務経理部門も海外へ派遣するということは、多大な人的コストの負担になるため、どうしても、現地のスタッフに任せきりで、チェックがおろそかになり、内部統制がうまく機能していない場合が、多く見受けられます。
そのため、中国支店、中国子会社においては、中国人による横領、汚職だけでなく、現地日本人スタッフによる不正も行われやすい環境になりがちです。

弊社では、日本人の税理士と共に、弊社に常勤する中国人の専門スタッフによる、中国進出子会社、中国支店などの不正防止の監査を行っております。

御社専門のチームを作成し、以下の流れで業務を遂行します。

  1. 日本での事前打ち合わせにより、不正が発生し得る部署、その証憑書類等の監査項目を決定します。
  2. 上記監査項目に基づいて中国現地での監査を行います。
  3. 不正の事実があればその事項、不正防止についてのレポートを作成します。

中国子会社、中国支店に不安を感じる企業様はもちろんのこと、自社は大丈夫と思われる企業様も、牽制のために、当サービスをぜひ活用ください。

詳しくは、お問い合わせフォーム、又は下記へお問い合わせ願います。

税理士法人タスクマネジメント
名古屋市千種区池下1-3-5
052-761-1125

お気軽にお問合せください。
税理士法人タスクマネジメント
TEL:052-761-1125 (名古屋)

相続対策 経営承継
相続税・贈与税バナー
経営者向けセミナーのご案内
税理士法人タスクマネジメントは
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
名古屋税理士会
東海税理士会所属